読書「経団連と増税政治家が壊す本当は世界一の日本経済」

思い立ってすぐ買えるのが便利な電子書籍。海外にいるだけに、ありがたいものです。
私はamazonのKindle本をiPadで読んでいます。(Kindleを持っていないので)

いわゆるリフレ本です。経団連の何が問題なのか?そしてなかなか賃金が上がらず内部留保が積み上がる現象についての理解を求めて手にした一冊です。

経営論と経済論の境界線から見た経済政策のあり方っていうところでしょうか?理路整然としていて分かりやすく面白く読みました。

大企業が持つ顧問・相談役というサラリーマン経営者OB会による不適切なコーポレートガバナンスが経営判断を狂わせているということを言っています。なるほど私のような人間でも分からなくはない。十分にあり得るだろうと理解できます。この部分は経営論です。

そして内部留保を積み上げざる得ない経営判断の根拠は、経済成長への不安感だと主張。全てはデフレ・デフレマインドの蔓延により負のスパイラルに陥っていく日本経済という構図に原因を見ているという内容です。

ところで以前KOTRA(大韓貿易投資振興公社)の講演会での質疑応答の場面だったでしょうか?上位の職員の方が「アベノミクスしか道はないし、失敗してもらっては困る」という発言がありました。韓国では人気のない安倍首相ですが、アベノミクスの後継者が見当たらない中で、マクロ経済政策が分かる韓国の公務員の立場からすると安倍政権は韓国にとっても重要な経済ファクターである認識は持っているようです。

(現政権がプロの経済政策を策定する能力があるのかが、不安要素ではあります。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です