ゴルフ

ゴルフ:私の趣味について

ゴルフ、40代から始めた趣味なので、まるでうまくなりません。

しかし回転運動、体を回すと人間として脳内の何かが覚醒し、ハマってしまっています。ゲームとしてハマるより、回転運動にハマってしまったのが間違いで、スイングばかり綺麗になり、本質を見極めることができずに今日まで続いています。

ゴルフを始める前に、アイアンを作っている日本人の社長さんと仕事で出会いました。「ゴルフは始めたいと思っている」と申し上げたところ、2度目の訪韓の時にアイアンセットをプレゼントしてくださいました。

クルマを買った時にディーラーからもらったキャディーバッグにアイアンを詰めて、それを眺めているうちに地下の練習場に通うようになったわけです。

練習場での自己流練習により相当悪い癖がつき、それが10年近く経った今も暗い影を落としています。

韓国では地下の練習場で始めて、屋外の打ちっぱなしに移行するというのが一般的な流れのようです。さらにゴルフシュミレーターもカラオケ屋並みに存在するので、友人と遊びながら練習することも一般的によくあることです。

韓国のゴルフ場予約はどうするの?

そういった初心者の私ですので、最初の頃はゴルフ仲間も友人に限られていました。その後、銀行が顧客管理のために行なっているゴルフのミニコンペに月一回参加するようになりました。当初会社が明洞にありましたので、明洞で店を出している人を始め、鉄鋼会社、IT系の会社の経営者が20人ほど集まってのラウンドです。最後にゴルフ場のレストランで昼食を取って解散という流れでした。

次に知り合った経営者の友人がケーブルゴルフチャンネルのウェブサイト掲示板でゴルフ同好会を開いているというので、それに参加もさせえてもらいました。100とか90台くらいの実力者で平日参加できる人たちの集まりで、やはり経営者、そして高級車に乗ってくるおばさんなどが参加していました。ある意味オープンな集まりなので、周りにゴルフ仲間がいない場合は、こういうのに参加してもいいかと思いました。

そうこうしているうちに気の会うゴルフ仲間もできて、友人ゴルフを楽しむことも増えました。最初の頃は、誰かのツテで予約をしてもらうこともありましたが、後には結構自分で予約も直接するようになりました。その場合、先ほどのゴルフチャンネルのウェブサイトで15日前くらいになると安く出てくるコースに予約を入れることが多かったです。

ソウル近郊はやはり料金も高く、クルマで1時間から1時間半ほど(高速道路を使う)移動すると少し安いコースがあります。(もっと地方になると更に安い)ただそれでも現在の日本よりは割高感はあります。

フェアウェイが狭い山岳コースが多いのですが比較的新しいところが多いため、クラブハウスが新しくてキレイだったり、クラブハウスまでの造園がキレイに整っていて到着時に高揚感が出たり、樹々が大きくなかったりという特徴はあります。

韓国のゴルフ場 韓国のゴルフ場 韓国のゴルフ場 韓国のゴルフ場

韓国でネットで表示されている料金はグリーンフィー。実際はそれにカートフィーとキャディーフィーがプラスされます。基本スループレーで食事代を含むセット料金が提示されることはありません。が、クラブハウスにはレストランがあり、ハーフ終了後の短い待ち時間にビールやマッコリを飲んだり、簡単な食事を頼むこともあります。

ゴルフ場でマッコリ

日本とちょっと違う韓国でのゴルフ場マナー

最近日本ではゴルフウェアに着替えて家を出発する場合が多いようですが、韓国ではゴルフウェアでクラブハウスに入ってくる人はほとんどいません。やはりジャケットを羽織ってくる場合が多いです。

ところがゴルフウェアのポロシャツはインしない人が結構います。これはオシャレでやってる感あります。ところが夏でも半ズボンはダメみたいです。

ちなみに韓国でのゴルフ場ファッションですが、おじさんたちのファッションセンスは千差万別ですが、おばさんたちは結構オシャレを頑張っていらっしゃる感じで、婉曲にいうと若い娘さんかと見間違えるような方々が多いですね。逆に若い女性アマチュアゴルファーの姿はあまり見かけません。若い女性がいたら「プロかな?」って思ってしまいますし、ウェアもまさにそういう出で立ちだったりします。女子プロともなると体格スタイル共にアスリート感出てます。アマチュアのおじさん社長さんたちとラウンドする女子プロともなると一際キレイに見えるのは何かの錯覚なのでしょうか?

韓国では男性女性に限らず、ポーチは必須アイテムになっています。スマホにタバコ、現金が入っていたりします。GPSも割と人気のアイテムです。時計式のものや、キャップのツバに取り付けて音声案内をしてくれるものなど、韓国製GPSは結構頑張っています。

また男女限らず、UVクリームはたっぷり塗ってのラウンドです。ゴルフ場のトイレにUVクリームは置いてますので、ラウンド前にトイレで用を足した後、UVクリーム塗りまくるというのが一つのルーティンです。

日本同様にお風呂は大きなゴルフ場では殆どありますが、日本と違うのはロッカールームからお風呂まで皆さんパンイチで移動すること。お風呂を上がったら、またパンイチでロッカーまで戻ってきて着替えるのが韓国式です。

韓国のゴルフ場 韓国のゴルフ場 韓国のゴルフ場 韓国のゴルフ場 韓国のゴルフ場 韓国のゴルフ場 韓国のゴルフ場 韓国のゴルフ場 韓国のゴルフ場

ご飯はいつどこで食べるのか?

スループレーが基本ですので、プレーが終わってからの食事となります。クラブハウスのレストランを利用することもありますが、韓国の人はあまり好まないようで、ゴルフ場周辺にある、あまりキレイではない韓国料理の店に入ることが多いようです。何故なんでしょうか?そのほうが美味しいようですね。

ゴルフ場が田舎にありますから、食堂もだいたい田舎風なんです。以前、友人ゴルフが終わった後にそういう食堂に入ったところ韓国人のおばさんと日本人の旦那さん(おじいさん)の経営するお店で日本のゴルフ雑誌が置いてあったりしました。こんな田舎で…と思ったものでした。

ゴルフ場周辺には、そうして必ず食堂があるわけですが、早朝にも空いていてラウンド前に集合場所に指定されて、あたふたと一緒に朝食を取ってからゴルフ場に向かうということもよくある事です。やはり一緒に食べるのが韓国文化ですから。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です