インターネットテレビ

韓国ではケーブルテレビのドラマの方が面白い

この記事の文脈がよく分からなくて、なぜ総務省の容認が必要なのか?民放はどうなのか?そもそもネットとの同時配信がなんらかの法に抵触するのか?これは受信料徴収との絡みなのか?

日本はとにかく、韓国では海外の特別な著作権絡みでない限り地上波でも有料放送ではないケーブル放送もネットで見れます。なので「テレビが壊れて見えないんですぅ」という弊社スタッフもやたらにテレビに詳しかったりします。

私も最近は努めて韓国のテレビを見るようにしています。なので、割とここでもテレビネタが多くなっていますよね。とはいいチャンネルJというケーブル放送で、日本のドラマを見る場合が多いわけですから、マニアな方のように韓国のドラマやバラエティーをよく知っているわけではありません。テレビネタに関しては必ず弊社スタッフに話を聞いて確認するようにしています。

そのチャンネルJで日本の面白かったドラマを字幕入りで流してくれるわけですが、昨晩は「シグナル」というドラマを観ました。韓国ドラマのリメイクだとかで、今までは概して日本のドラマを韓国でリメイクすることはあったのですが、逆の流れが生まれつつあるんだなと感じた次第です。

韓流ドラマって韓国でも「マクチャンドラマ」というネガティブな言葉で批判されることがあります。適当に作ったストーリーみたいなニュアンスなんですが、「出生の秘密」「記憶喪失」「財閥の陰謀」みたいなのを組み合わせていく、先のストーリーは読めてしまう、でも観てしまう私もバカだけど、こんなドラマってダメだろうっていう批判です。

ところで最近は韓国の視聴者の地上波離れが進んでいるというのは、弊社韓国人スタッフの弁。そういう分かりきったフレームではなく、斬新な番組やドラマづくりをしているケーブル局に視聴者が逃げていってる。いや、地上波は見ずにケーブル局しか見ないという人も増えてきているとか。

この「シグナル」もtvNというケーブル局制作。ケーブル局は、新聞社系であったりCJのようなメディアコンテンツ系の大企業が母体であったりするので、全くもって侮れません。

そもそも韓国ではファンタジーの分野っていうのは苦手でした。マーケット、つまり視聴者側が理解できない、受け入れられないというのがまずあって、作る側もどこか照れがあって、真摯な作品になっていない。作る方も見る方も違和感があって、気恥ずかしい感じだったのでした。そうなると話は結局コメディーになってしまわざる得ないんです。

しかし最近は、あの世の使者や不老不死の人間が出てくる「トッケビ」や、現在と未来の間で犯罪を捜査する「シグナル」などは、コメディーではなく、シリアルなストーリー、シリアルな演出に演技、そして感動と面白さがある作品になっています。

韓国という独特の文化を持つ国は、なかなか変わらないという一面と、急激な変化が生まれるという全く反対の一面を持ち合わせています。変わらない(あるいは変わって欲しくない)ものと変わるもののダイナミズムが韓国の魅力であるのは、様々な分野で言えることだなぁと日夜実感しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です