新型コロナウイルス

韓国新型コロナウイルス(コロナ19)状況まとめ

新型コロナウイルス拡散のため、訪韓を含めた海外渡航があまり好ましい時期ではないということは言うまでもありません。

ご存知の通り、特に大邱(テグ)広域市及び慶尚北道において特定教派大型教会の礼拝を通じて、集中的に拡散しています。日本の外務省からも慶尚北道全域において「不要不急渡航自粛勧告」また大邱広域市及び慶尚北道清道郡、慶山市,永川市,漆谷郡,義城郡,星州郡及び軍威郡に対しては「渡航中止勧告」、そして韓国全土(大邱広域市及び慶尚北道を除く)に対しては「十分注意してください」という感染症危険情報が出されています。

現在韓国での新型コロナウイルス感染者数5,766名(3月4日午後時点)そのうち大邱(テグ)広域市での感染者数が4,326名(累積)慶尚北道861名(累積)となっています。

ソウル市での感染者数は92名(3月2日時点)と発表されています。京畿道では102名(3月4日0時時点)となっています。

報道でもご存知の通り、当然のことながら街を歩く観光客の姿は減り、一般の人たちも集会・会合などを自粛しています。多くの人が街ではマスクを着用していますが、韓国でもマスクが入手困難な状況です。政府が安定供給を約束しましたが、現実には充分に実行されていない状況です。

先日も京畿道でミーティングがありましたが、室内でもマスク着用のままの会議となりました。

小中高が3月始めからの開講が三週間遅延、その後の不透明な状況です。大学でも状況は同じで、実は私も今学期に京畿道の専門大学でビジネス日本語という講義を担当することになりましたが、開講二週間遅延プラスその後の二週間は学生登校禁止でオンラインによる授業との連絡を受けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です